読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味・・・人生

見てくだされば光栄です。

吹奏楽コンクールで"ポップス"

こんにちは!

 

今回は「全日本吹奏楽コンクール

 

のお話をしたいと思います。

 

 

 

"コンクール"というのは、

 

12分の中で課題曲と自由曲を演奏し

 

審査員によって審査されるものです。

 

そのため、自由曲の選曲には

クラシック音楽吹奏楽編曲

・海外のブラスバンド作曲家の曲

・日本人の吹奏楽作曲家の曲

を取り上げるのが一般的です。

 

しかし、

 

吹奏楽コンクールだからって"カタい曲"をやらなくてもいいじゃないか!」

 

という猛者(?)な団体もたま〜にあります。

 

今回はそんな変わった選曲をまとめてみました。

 

 

 

組曲スター・ウォーズ」より

1978年 職場の部 阪急百貨店吹奏楽

 

こちらは、完全なポップスじゃないですが

 

コンクール史上初「映画音楽」を自由曲に選び、

 

当時の吹奏楽界に衝撃を生んだ演奏です。

 

当時は賛否両論あったようですが、

 

今となっては「映画音楽」というのも選択肢の一つなのかもしれないです。

【吹奏楽編曲】「スターウォーズ」より(78年:阪急百貨店) - YouTube 

 

 

パリのアメリカ人(NSB)

1981年 職場の部 電電中国吹奏楽

 

こちらも完全なポップスではない…

 

と思いきや、編曲は岩井直溥先生!

 

巨匠の手によって鮮やかなポップススタイルにアレンジされています。

 パリのアメリカ人~1981年全日本吹奏楽コンクール自由曲~ - YouTube

 

 

ラプソディ・イン・ブルー(NSB)

1991年 職場の部 NTT中国吹奏楽

 

遂に岩井編曲作品で全国金賞

 

"コンクールでポップス"という

 

新たな文化を形成…したのか?

 【吹奏楽】ラプソディ・イン・ブルー NTT中国吹奏楽団 - YouTube

 

 

コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディ

1999年 高等学校の部 土佐女子高等学校

 

遂に高校の部に登場。

 

吹奏楽コンクールで6回も演奏されている

 

吹奏楽ジャズの名曲です。

 土佐女子高: コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディ - YouTube

 

 

トリビュート・トゥ・カウントベイシー・オーケストラ(NSB)

2005年 職場の部 NTT西日本中国吹奏楽クラブ

 

真島俊夫先生の編曲です。

 

この曲は、ジャズ界の巨匠"カウントベイシー"の楽団の代表曲をメドレーにした作品。

 

もはや完全にジャズ。

【吹奏楽編曲】トリビュート・トゥ・カウント・ベイシー・オーケストラ(真島俊夫:05年:NTT西日本中国) - YouTube

 

 

ウィークエンド・イン・ニューヨーク

2009年 職場・一般の部 尼崎吹奏楽

 

現代のブラスバンド(吹奏楽)作曲家、「フィリップ・スパーク」の作品。

 

終盤のクライマックスのスウィングがかっこいい!

ウィークエンド・イン・ニューヨーク スパーク - YouTube

 

 

以上、全国大会で演奏されたポップス作品の代表例を取り上げてみました。

 

ぜひ、一度聞いてみてください!

 

それではさよーならー(^^)/

ひろしまドリミネーション2016

お久しぶりです!

 

…寒い。

 

というわけで広島・平和大通り

 

ひろしまドリミネーション2016

 

に行って参りましたのて

 

写真をテキトーに上げていきます♪

 

スタート地点の汽車…

f:id:hiroshimayarou:20161210161104j:image

 

素敵やああああああ!!!

とっても綺麗!

 

しばらく西へ歩くと、

"パイプオルガン風の何か"が出現

f:id:hiroshimayarou:20161210161303j:image

ちなみに音は出ないそうです(^o^;

 

反対側には不死鳥「フェニックス」!

かっこいい…

f:id:hiroshimayarou:20161210161432j:image

 

そしてメインお城!!

 f:id:hiroshimayarou:20161210161717j:image

 

毎年人気の場所"船"!
f:id:hiroshimayarou:20161210162104j:image

 

人も多い…
f:id:hiroshimayarou:20161210162220j:image

 

結論:すごい良かった

 

では!(^^)/

栗原健太、引退

こんにちは。

 

いきなりですが、

 

昨日、栗原健太選手の引退会見があり

 

引退が公式に発表されました。

 

旧市民球場広島時代からのファンだったので

 

残念ですが

 

怪我の苦しみにここまで闘い続けて

 

やってこれたのは本当に凄いと思います。

 

そして

 

今のカープがあるのは

 

栗原のおかげだと

 

僕は思ってます。

 

 

栗原選手、本当にお疲れ様でした。

 

そして、ありがとうございました。

f:id:hiroshimayarou:20161002194300j:image

君の名は。 日記が消えたワケ

この記事には映画「君の名は。」のネタバレが含まれています。


ご無沙汰しております。

約200日ぶりの更新です(笑) 

10月に入ってからは趣味の時間が増えて

毎年ブログを更新し始める季節でございます。


さて、今回は映画についてです。

現在大ヒット公開中の「君の名は。

私も見に行ってきましたが、


ほんとにすっごい!!


感動。この一言に尽きます。

ぜひ見てない方は劇場へ!


さて、本題ですが…

今回の新海誠の作品「君の名は。

…の中に散りばめられた仕掛けの数々。 

万葉集の一説から新海監督の過去作品まで…

"知っていると面白い仕掛け"が沢山ありました。

今回はその中でも、

瀧くんが初めて糸守を訪れたあのシーン

壊滅した街を前に呆然と立ち尽くす瀧
三葉とのやりとりを確認するため急いで携帯を開くが、書き記された日記が文字化けして消えてしまう…

ここで起きた疑問

「なんで日記が消えたのか」

仮に、三葉が死んだからだとすれば

それは入れ替わりに3年のラグがあるから関係ないはず

…ということで謎(笑)

この日記の謎だけが未だ解き明かされてないようです…

このことについて

昨日考えついたこと


「繭吾郎の大火」との関係

序盤に一葉によって語られる歴史事件
「繭吾郎の大火」

これは火事で糸守の史料が焼けた話。

この史料の中に入れ替わりについての史料もあったのではないか

というのはマニアの間では有名です。

ここで考えたのは、


入れ替わりを証明するモノはこの世に存在出来ない


という設定

こーゆーことにすれば

繭五郎の大火と日記が消えた事件

ともに謎の力で史料が消し去られた理由が証明できます。

…というのを考えてた。

具体的なのは全く分からないので

分かったら教えてください(笑)


拙い文章で読みづらかったとは思いますが

これで皆さんのモヤモヤがなくなるきっかけになったら幸いです

まあ多分ないと思うけど…w


と言う訳で今日はここまで。

またいつか〜


【オススメ】
↓謎解きの手助けになる…かも?

2016年度全日本吹奏楽コンクール課題曲 感想

皆さん、こんにちは。

今回から新しく吹奏楽タグ

作成しました。

今回の話題は課題曲です。

今年も課題曲の季節がやってきました。

私も自分の所属する楽団で音を出したり

YouTubeで動画を見たりして

いろいろ思ったことがあったので

まとめて書かせていただきます。



Ⅰマーチ「スカイブルードリーム」

とても爽やかな題名通りの印象です。

A以降のメロディが16分音符が絡む軽快なリズムなのに対して、Cのバスのメロディは4分音符主体。
フレーズの作り方は簡単ですが、大きな単位のメロディなので減速しないように気をつけなければなりません。

Trioはゆったりとしたメロディの裏で高音がが鳥のさえずり的なのを演出してるありがちな設計。

ブリッジはTrioのメロディを2回演奏した後に現れます。♭♯がとても多いのでピッチが合わない…

そしてrit無しで最後のフレーズに突入します。そして最後へと向かうのですが…

Tpの超どソロ

最初聞いた時、"…ナニコレ?"ってなりました。
最後へと向かう大事なキッカケをたった1人に任せる、最後の聞かせどころですね。

全体的に、去年のⅡや一昨年のⅣや2007年の
Ⅱマーチ「ブルースカイ」(ややこしい)に似ている、よくあるコンサートマーチです。
その分過去の課題曲(特にT嶋氏の作品なんか)が参考になる部分も多いですね。



Ⅱスペインの市場で

同じスペイン系統でも昨年のⅣマーチ「プロヴァンスの風」のような闘牛士のテーマみたいなのは登場しません。
僕は人々で賑わう海辺の市場みたいなのをイメージしましたが、まあそんなことは置いときましょう。

3/4主体ですが最初に9/8が出てくるのは注意です。

主題の提示までの間、金管が軽やかなメロディを歌う中、高音木管は連符地獄。頑張ってください。

カスタネットが非常に重要な役割をなしているのはスペインならではです。タンバリンとともに曲のイメージを作っています。

軽快な3拍子が突然止まり、Hrがユニゾンで伸ばします。2013年のⅠ勇者のマズルカみたいだと思ったのは自分だけじゃないはず。
ここからは、まるで夜を迎えたかのような不思議な空気に包まれます。

その後、後半のヤマ場を迎えます。ここのクレッシェンドは曲の雰囲気のためにも、大胆かつ乱暴にならずに演奏したいですね。

すると再びカスタネットが最初のメロディのリズムを刻み、主題の再現に入っていきます。

最後はテンポも速くなって、華やかに終わる…と思いきや意外とあっさり終了。
なんか消化不良みたいな感じがしました。

曲の流れがとても大事な曲だから、途中からメロディとして加わってくる人はそれまでの流れを汲み取って入らないと流れが悪くなり印象も悪くなりそうだと思いました。



Ⅲある英雄の記憶〜「虹の国と氷の国」より

曲が始まった瞬間に某ゲーム音楽を思い起こしました。皆さんもそうですよね。

ゲーム音楽風な雰囲気から太鼓がリズムを提示して、新たなメロディが始まります。金管の勇ましいフレーズが初めての主題。

そしてなんやかんやあった後、再びゆっくりに。そして…

オーボエのソロ

しかも長い
伴奏も大変そうです。

その後穏やかなワルツを経由した後、再び金管の主題へ。そのままの勢いでラストを迎えて終了。

例年ならⅠに来そうな感じの曲調。
どこが虹の国でどこが氷の国かなんか考えてみるとまた面白いかもしれません。ただ、先述の2つの曲に比べて高い技術が求められます。その分、聞かせどころは多数あります。



Ⅳマーチ「クローバー グラウンド」

いざこぞがあって一度選考で落選してから再び這い上がって来た曲。♭系(E♭、D♭)の色彩豊かなマーチですが、時折出てくる一風変わったブリッジをうまく使って、曲調を変えたい所です。

Ⅰのマーチに比べ分厚く曲が描かれているので人数が多ければ多いほどゴージャスな仕上がりになります。
その特徴がAの前からすでに出ていて、6小節にも及ぶ前奏は複雑なコードが使われていて、慣れない内は不思議な感じがします。

Aの各フレーズとフレーズの間に出てくるグロッケンとフルートの連符が印象深いです。

その後Cの第二マーチ、D以降の第一マーチの再現などを経由した後に出てくるのが、先述の通りの変わったブリッジ。
♭が多くてピッチがなかなか厳しい所です。

そしてゆったりとしたTrioへ。伴奏も付点2分音符+4分音符のリズムへと変わります。

からのブリッジを乗り越えた先に待ち受けるのはなんと…

テンポ102

堂々としたマーチに雰囲気を変えれると好印象だと思います。

そして再びテンポ132に戻り、最後を迎えて終了。

マーチっぽくない要素がたくさん散りばめられているのがとても曲を面白くしていると思います。Ⅰに比べると曲の造りが複雑ですが、逆にそのバンドの音がする曲に仕上げられる…みたいな感じでしょうか。

Ⅴはもう少し研究してから載せたいと思います。奥が深すぎるw



以上、課題曲についてでした。

皆さん、頑張ってください!

さよーならー(^^)/